マツエク専用の美容液じゃないと効果はないのか検証

マツエク専用のまつ毛美容液とはどういったモノ?

まつ毛美容液には様々な種類があり、最近は「マツエク専用のまつ毛美容液」というものもあります。

 

では、マツエクをしている場合は、マツエク専用の美容液を使わないと、効果は期待できないのでしょうか。

 

マツエク専用の美容液でなくても効果がないわけではない

 

マツエク専用のまつ毛美容液ではなくとも、全く効果がないというわけではありません。

 

まつ毛美容液は、自まつ毛を丈夫にする効果が期待できるものです。つまり、「自まつ毛そのものを抜けにくくする」という目的で使うなら、マツエク専用のものでなくても大丈夫というわけです。

 

また、マツエクのダメージで抜けてしまった自まつ毛を、修復する効果も期待できます。なので、まつ毛美容液は、自まつ毛にとっては効果的なものだと言えます。

 

ところが、マツエク専用のまつ毛美容液ではない場合、デメリットが存在することも事実です。

 

マツエク専用ではないまつ毛美容液は、「グルー劣化」を引き起こしてしまうこともあります。それによって、マツエクの持ちが悪くなるということもあるのです。

 

まつ毛美容液を使う時はグルー劣化に注意

 

 

では、まつ毛美容液が原因で起きる、「グルー劣化」とは何なのかについてお話していきます。

 

グルー劣化とは、マツエクで使われている接着剤である「グルー」が、劣化してしまう現象です。

 

グルーと相性の良くないまつ毛美容液を使うと、化学変化によって、接着力が弱くなってしまうのです。また、逆に、グルーがネバネバしてしまう現象が起きることもあります。

 

この現象が起きると、マツエク同士・自まつ毛同士がくっつきやすくなってしまうのです。特に、「グルーのネバつきによる悩み」は、かなりたくさん報告されているようです。

 

なぜこのようなことが起きるのかと言うと、化学変化によって、グルーが溶けてしまうからです。

 

マツエクと相性の良いまつ毛美容液を使っていれば、基本的にこのような現象はほとんど起きないようです。でも、そうではないまつ毛美容液を使うと、この化学変化が起きやすくなると言われています。

 

マツエクをグルー劣化させてしまう成分とは

 

では次に、マツエクをグルー劣化させてしまう成分についてお話していきます。

 

マツエクをグルー劣化させてしまう成分の大半は、基本的に、

  • 「油分」
  • 「保湿成分」

です。

 

特に、油分はマツエクのグルーとかなり相性が悪いと言われています。そのため、まつ毛美容液の成分表示の欄に、「○○油」という名前がかかれていたら、グルーとの相性が悪いと考えてください。

 

ただ、保湿成分に関しては、マツエクと相性の良いまつ毛美容液にも配合されています。そのため、「保湿成分=マツエクには全てNG」とは言い切れない部分があります。

 

厳密に言うと、「保湿成分+他の成分」の含有比率や相互関係によって、マツエクと相性が良いかどうかが変わってくるようです。でも、これに関しては、何通りもパターンがあるため、ここではひと言で説明しきれないのが現実です。

関連ページ

マツエクしたらまつげ美容液を積極的に使いたい その理由とは
マツエクしたらまつげ美容液を積極的に使いたい。その理由を解説しています。まず、マツエクをすると、まつ毛には大きな負担がかかります。それをカバーするまつげ美容液には育毛効果の期待も出来ます。
マツエクしているならまつげ美容液の形状にも気をつけよう
マツエクを長持ちさせるまつ毛美容液とはどういったモノなのか、まつげ美容液の形状に気をつけるなど購入する際のポイントをまとめています。
自まつげを長くしたい まつげ美容液で長くなる?
自まつげを長くするためにまつげ美容液も効果はあるのか?結論から言うと効果はあります。まつ毛美容液を塗るタイミングや塗り方にも気をつけるなど、まつげの毛周期を知ることも大切です。詳細はこちらをご覧ください。